Get Adobe Flash player

レシピの紹介

韓さん養生料理教室

〇主催:茅ケ崎日本中国友好協会

平成26(2014)年3月1日、茅ケ崎日本中国友好協会主催の「韓さん養生料理教室」が開催された。今回が第1回で、餃子と銀耳蓮子羹(白きくらげと蓮の実のデザート)となっている。この料理教室の先生は韓志有先生と趙秀慧先生で、健康に良い中国伝統料理教室を始めるとのこと。当面の開催予定は3月から6月で、毎月2回を予定している。

 

〇開催月日    料理内容

3月01日(土) 正月の餃子作り・餃子と銀耳蓮子羹(白きくらげと蓮の実のデザート)

3月22日(土) 北京炸醬面・杏仁豆腐(デザート)

4月12日(土) 大連春餅・酸辣湯

4月26日(土) 四川麻婆丼・あずき春巻き(デザート)

5月10日(土) 天津野菜餡餅・蕃茄蛋スープ

5月24日(土) 上海蒸餃・宁波湯元(白玉団子のデザート)

6月14日(土) 北京冷麺・ワンタン唐揚げ

6月28日(土) 東北とうもろこし饅頭とお粥・糯米丸子

場所:茅ケ崎市男女共同参画センター“いこりあ”

〇参加費:1,500円

〇申込み:茅ケ崎日本中国友好協会 http://www.chigasaki-nichu.org/

加藤 寛:090-3108-2543 E-mail:info@chigasaki-nichu.org
住所:茅ケ崎市浜須賀3-26 ハイツ平和 401

 


以下は小清水正美氏のレポートより

第1回の料理会に参加する。持参するものは、めん棒(餃子用)、三角巾、エプロン、お箸で、第1回のみ参加費は1,000円となっている。会場は茅ケ崎トラストビル4階にある茅ケ崎市男女共同参画センター“いこりあ”である。

12:30、調理室のカギが開けられる。調理室に入り身支度を整えるといっても、エプロンをかけ、三角巾代わりの帽子を被るだけ。主催者代表の茅ケ崎日中の加藤氏に今日の参加費1,000円を支払い、今日のレシピと今後のスケジュール表をもらう。しばらくするうちに加藤氏が参加者を3班に分けたり、今日の先生を紹介し始める。今回の参加者は15名程度で男性は4名ほどだったので、男性がかたよらないよう、3班に分散するような指示がある。韓志有先生は30歳くらいの黒縁メガネの男性、中国料理人免許を持っているとのこと、趙秀慧先生は70歳くらいの赤縁メガネの女性で今日の料理会での主任となっている。

今日は餃子を作るだけで、銀耳蓮子羹はすでに先生が調整してきたので、これを味わい、元気を付けて餃子つくりをやってほしいと言われる。

 

 レシピ紹介→餃子と銀耳蓮子羹」のレシピPDF

ƒvƒŠƒ“ƒg

キャベツの栄養

↑画像をクリックすると拡大されます

焼うどん NEW!

チンゲンサイの栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

きゅうりの栄養

きゅうりの栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

ハクサイの栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

クワイの栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

トウガンの栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

茎にんにくの栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

エンサイ(クウシンサイ)の栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

タアサイの栄養 

↑画像をクリックすると拡大されます

過去のお知らせ